PR稲垣、代表初トライも“笑わない男”貫く 台風被災者に気遣い「ラグビーで元気を」

[ 2019年10月13日 22:08 ]

ラグビーW杯1リーグA組   日本28―21スコットランド ( 2019年10月13日    日産ス )

<日本・スコットランド>前半、逆転のトライを決める稲垣(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 世界ランキング8位の日本代表は、1次リーグ最終戦で同9位のスコットランドに28―21で勝利。1次リーグ4戦全勝で勝ち点を19に伸ばして同組1位となり、史上初の8強入りを決めた。

 前半、スコットランドに0―7とリードを許したが、18分にWTB松島が快足を生かしてトライを決めて(田村のゴール成功)、試合を振り出しに戻すと、同26分には松島の突破でチャンスをつくるとラックからHO堀江、LOムーア、FBトゥポウがオフロードパスをつなぎ、最後はPR稲垣がゴールポスト下に持ち込んで逆転に成功。殊勲の稲垣は試合後、「ベスト8を目標にしてやってきて、今まで4年間いろいろなものを犠牲にしてきて、まず1つ目標がかなってよかった」と表情を崩さずに喜びを口にした。

 これが代表初トライとなった背番号1は「代表に入って7年間で初めてトライしたんですけど、みんながつないでくれてトライするのはこういう気分なんだなと。一番いい舞台で一番いいトライをさせてもらった」。インタビューアーから「笑わない男」といじられると、「笑ったことないですね」とユーモアたっぷりに真顔で返した。

 「この先笑顔が見られますか?」との質問には「もっともっといい景色を見られるようにチーム一丸となって頑張っていきたいですし、先日台風によって被災した方々にラグビーで元気を取り戻していただきたい、そういう気持ちを持って今日は試合に取り組みました」と日本中に爪痕を残した台風の被災者に気遣い。

 20日の準々決勝ではB組2位の南アフリカと対戦する。4年前の“奇跡”再現が期待されるが、稲垣は「これからさらに激しいチャレンジが続いていくと思いますので、国民の皆さんと一緒に頑張っていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月13日のニュース