スコットランドFBホッグ、日本戦へ意気込み「キャリアで最も大きな試合」

[ 2019年10月13日 05:30 ]

ラグビーW杯1次リーグA組最終戦   日本―スコットランド ( 2019年10月13日    日産ス )

日本戦へ向けて11日に会見したスコットランドFBホッグ
Photo By スポニチ

 スコットランドは横浜市内のホテルから外出せず、ミーティングと室内で体を軽く動かすにとどめた。日本に勝たなければ11年大会以来2度目の1次リーグ敗退。FBホッグは「僕にも他の選手にとってもキャリアで最も大きな試合になるんじゃないか」と決意表明した。

 今大会はアイルランド戦で試合の入りに失敗し、サモア戦とロシア戦はスタートから飛ばして快勝。16、17年欧州6カ国対抗MVPで、現代最高のFBと評されるホッグは「最初の20分が重要になる。日本は全開で来るはず。ウチも相手以上の勢いで立ち向かわないと」と指摘した。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月13日のニュース