ラグビーW杯8強出そろう 初進出は日本だけ 20日に南アフリカと対戦

[ 2019年10月13日 22:36 ]

日本に敗れ、肩を落とすスコットランド(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会第20日は13日、横浜・日産スタジアムなどで3試合が行われ、1次リーグ全試合が終了、8強が出そろった。8チーム中、初めてベスト8入りを決めたのは日本だけとなった。

 A組1位は4連勝の日本で、20日に東京・味の素スタジアムで行われる準々決勝では、B組2位の南アフリカと対戦する。

 B組1位のニュージーランドは、19日にA組2位のアイルランド と東京スタジアムで、C組1位のイングランドはD組2位のオーストラリアと大分スポーツ公園総合競技場で対戦。D組1位のウェールズは、20日にC組2位のフランスと大分スポーツ公園総合競技場で対戦する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月13日のニュース