サモア数的有利生かせず1勝で終戦 ラムのトライで一矢も

[ 2019年10月13日 05:30 ]

ラグビーW杯1次リーグA組最終戦   サモア5―47アイルランド ( 2019年10月12日    レベスタ )

 サモアは日本の1次リーグ突破を“アシスト”することはできず完敗。1勝3敗で大会を終えた。

 開始早々に失点すると、シンビンで1人少なくなる苦しい展開。ただ、前半25分に「サモアの将来のためになる試合をしたい」と話していたNo・8のJ・ラムのトライで一矢を報いた。前半28分には相手の一発退場で数的有利になったが、最後までそのメリットは生かせなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月13日のニュース