錦織 息苦しさは「大丈夫」、初戦は世界205位と初対戦

[ 2019年8月25日 05:30 ]

26日開幕全米オープンテニス

記者会見で抱負を語る錦織
Photo By スポニチ

 男子シングルスで第7シードの錦織圭(29=日清食品)の初戦は世界ランク205位のトルンヘリティ(アルゼンチン)との初対戦に決まった。前日のSNSにはバスケの八村塁が所属するNBAウィザーズのユニホームを掲げた写真を公開。面識はないというが「過酷な場所に身を置いて、身を削って強くなろうとしている姿は格好良い」と刺激を受けている様子だった。

 また、東京五輪での大坂との混合ダブルスの可能性について問われると「高温多湿の中で、全てできるかは分からない。正直、まだ真剣に考えていない。後でなおみと話します」と冗談交じりに答えた。本大会はWOWOWで放送。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月25日のニュース