大坂 全米連覇へ「とても自信を持っている」、左膝回復

[ 2019年8月25日 05:30 ]

会見会場でファンにサインする大坂
Photo By スポニチ

 テニスの4大大会、全米オープンは26日(日本時間27日)に開幕する。女子シングルス世界ランク1位で第1シードの大坂なおみ(21=日清食品)が23日、ニューヨークで公式会見に臨み、連覇へ自信を口にした。

 ファンが見守る会見場に姿を現した大坂は、歓声に応えた後に言葉を弾ませた。「とてもエキサイトしている。ここで育ったし、ここでのプレーはうまくいくもの」。日本人初のグランドスラム制覇から1年。前回覇者として臨む中で、初の連覇が懸かった3月のBNPパリバ・オープンでの4回戦敗退を振り返り「前回王者のプレッシャーを学んだ経験がここで生きると思っている」と断言した。

 前週の大会で負傷した左膝は回復の兆しを見せている。この日は黒いサポーターをしながら約1時間練習をこなした。初戦は27日の正午(同28日未明)にアンナ・ブリンコワ(ロシア)と対戦。「今の自分にとても自信を持っている。そこが去年と対照的」と笑みを浮かべた。本大会はWOWOWで放送。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年8月25日のニュース