八村&篠山、チュニジア戦はベンチ外「チーム状況とコンディション不良」

[ 2019年8月25日 13:54 ]

八村塁
Photo By スポニチ

 W杯中国大会(31日開幕)に出場する世界ランキング48位の日本は、25日午後3時からさいたまスーパーアリーナで同51位のチュニジアと親善試合を行う。

 八村塁(21=ウィザーズ)、篠山竜青(31=川崎)の主力2選手がベンチ外となった。日本バスケットボール協会はツイッターで「チーム状況とコンディション不良」と説明した。

 八村は24日のドイツ戦で両チーム最多31得点を決め、86―83の逆転勝ちを演出した絶対的エース。篠山はポイントガードで試合をコントロールし、主将も務める精神的支柱だ。2人を欠く状況で真価を問われる一戦となる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月25日のニュース