陵侑 GP連勝、通算4勝目 1本目130メートル超え圧勝

[ 2019年8月25日 05:30 ]

ノルディックスキー グランプリ(GP)ジャンプ男子白馬大会最終日 ( 2019年8月24日    長野県白馬村 )

ジャンプ男子GP白馬大会 個人第6戦で優勝した小林陵
Photo By 共同

 個人第6戦(ヒルサイズ=HS131メートル)が行われ、昨季のワールドカップ(W杯)個人総合王者、小林陵侑(土屋ホーム)が136メートル、129・5メートルの合計315・5点で圧勝した。前日に続くGP2連勝で通算4勝目。佐藤慧一が2位、佐藤幸椰(ともに雪印メグミルク)が3位で、前日と同じメンバーが表彰台を占めた。小林潤志郎が4位、伊東大貴(ともに雪印メグミルク)が6位、中村直幹(東海大札幌ク)が7位だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年8月25日のニュース