渋野日向子「別荘を建てたい」理由とは…「ジャンク」取材に本音「静かに…」

[ 2019年8月18日 19:51 ]

女子プロゴルファーの渋野日向子
Photo By スポニチ

 「AIG全英女子オープン」で日本人として42年ぶりのメジャー優勝を果たした女子プロゴルファー、渋野日向子(20=RSK山陽放送)が18日放送のフジテレビ「ジャンクSPORTS」(日曜後7・00)の取材に応え、今後の目標を明かした。

 番組では帰国2戦目(NEC軽井沢72トーナメント)の舞台となった軽井沢で先週末、渋野を独占取材した。

 優勝会見で「お菓子をいっぱい食べたい」と話し、そのチャーミングな素顔もゴルフファンの話題を集めた渋野のために、番組では差し入れを用意した。渋野が尊敬するソフトボールの上野由岐子選手(37)がおススメの「忍者グミ」シリーズ。

 「最高です」と“日向子スマイル”でさっそくモグモグしながら、「テレビで食べてるのが映ったら、(ファンの人たちが)送ってくれるかな」とちゃっかりしたところも見せた。

 番組では、ご利益があるとされるジャンク特製の「浜田大明神絵馬」に今後の目標も書いてもらった。

 「あれ、字が分からない」と戸惑いつつ、「スタッフのカンペ」に助けられながら書き込んだ目標は「別荘を建てたい!」だった。

 「軽井沢を車で走ると別荘がたくさんある。めっちゃ、うらやましい」と渋野は話し、「静かに生きるためには必要」とその理由も語った。快挙以降、報道陣に追いかけられる嵐のような日々が続いているだけに「静かに…」は思わず漏れた本音かもしれない。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月18日のニュース