金髪の奥原 2年ぶり女王へ「自分らしく全力」 19日開幕バド世界選手権

[ 2019年8月18日 20:05 ]

前日会見に出席した女子シングルスの奥原(左)
Photo By スポニチ

 19日開幕のバドミントン世界選手権(スイス・バーゼル)に向けた前日会見が18日に現地で行われ、女子シングルス17年女王の奥原希望(24=太陽ホールディングス)が出席した。奥原は「出場選手含めて年に1回の大きなイベントで特別だが、私の中では今回は特別とはあまり感じていない。一戦一戦、自分らしく全力を出せたら」と意気込んだ。

 自身初のスイスで2年ぶりの頂点を目指す。「スイスと言えばハイジの村というイメージ。ハイジらしいものに触れられたらと思ってワクワクした気持ちで来た。ヨーロッパらしい自然も豊かで、空気もきれい。今朝散歩したんですけど、凄い過ごしやすい国だと思いました」と笑う。会場もシャトルの動きに影響を与えるエアコンがないといい、「どの選手もやりやすい。試合まで数日あるので、しっかり調整したい」と語った。

 会見には、髪の毛の色を明るく染めて登場。「友達が美容院で働いていてスタイリストになったということで、友達のおすすめのカラーをやってもらった。私の意思はないです(笑い)」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月18日のニュース