桃田 日本勢初の連覇へ「自分のプレーに集中」 19日開幕バド世界選手権

[ 2019年8月18日 19:48 ]

前回会見に出席した男子シングルスの桃田(左)
Photo By スポニチ

 19日開幕のバドミントン世界選手権(スイス・バーゼル)に向けた前日会見が18日に現地で行われ、大会連覇を狙う男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(24=NTT東日本)が出席した。昨年との違いを問われると「第1シードかそうではないか」と答え、「ベストパフォーマンスを出すこと。そこは変わらずチャレンジしたい」と語った。トップランカーとして包囲網を敷かれるが、「相手は関係なく自分のプレーができるように集中したい」と強調した。

 連覇を果たせば、全種目を通じて日本勢初の快挙となる。来年の東京五輪に向けても重要な前哨戦。「大きな大会は緊張するので、その戦い方を考えながらプレーしたい。この大会で結果を残せれば、来年への自信になる」と闘志を高めた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月18日のニュース