エレガンス賞は男女ともにロシア勢 昨年の白井に続く日本勢の受賞ならず

[ 2018年11月2日 19:23 ]

 体操世界選手権で最も美しい演技をした選手に贈られる「エレガンス賞」には男女ともにロシア勢が輝いた。昨年の白井健三(日体大)に続く日本勢の受賞はならなかった。

 個人総合決勝に進出した選手が対象で、男子は出来栄えの高い評価を受けて初優勝したアルトゥール・ダラロヤン、女子は5位に入ったアンゲリナ・メルニコワが選ばれた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年11月2日のニュース