ジョセフHC 3日のオールブラックス戦での好ゲームを約束

[ 2018年11月2日 16:48 ]

都庁を表敬訪問した日本代表のジョセフ・ヘッドコーチ(右)は猪熊純子副知事にサイン入りジャージーをプレゼント(撮影・中出 健太郎)
Photo By スポニチ

 ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)が2日、東京都庁に猪熊純子副知事を表敬訪問し、3日のニュージーランド代表オールブラックス戦(味スタ)での好ゲームを約束した。

 午前中に味スタで前日練習を見守ったジョセフHCは「通常、試合前日の練習は30分ほどだが、グラウンドコンディションが素晴らしくて選手も気に入ってしまい、グラウンドから追い出すのに大変だった」とジョーク交じりに良好なピッチ状態に謝辞を述べた。「明日はW杯2連覇、勝率90%以上の世界最強チーム、ニュージーランドが相手で試練となるが、日本の戦い方を披露する素晴らしい機会になる。スタジアムが満員になることを願っている」と抱負を口にした。

 猪熊副知事から母国ニュージーランドと対戦する心境を問われ、オールブラックスと日本代表の両方でプレーした経験があるジョセフHCは「私自身、気持ちは日本代表としてやっている。選手もしっかりした戦いを見せてくれると思う」とコメント。全選手のサイン入りジャージーに自ら筆を入れ、猪熊副知事にプレゼントした。味スタは来年のW杯日本大会開幕戦(9月20日)で日本代表がロシア代表と対戦するスタジアムで、準々決勝や3位決定戦など計8試合が行われる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年11月2日のニュース