“空手界の綾瀬はるか”清水「見て盗んで」世界選手権V3へ

[ 2018年11月2日 05:30 ]

大会での健闘を誓い合った(左から)喜友名、清水、植草、荒賀                               
Photo By スポニチ

 空手の世界選手権(6〜11日、スペイン・マドリード)に出場する日本代表が1日、羽田空港から出発した。「空手界の綾瀬はるか」こと女子形の清水希容(24=ミキハウス)は「男子を見て盗んでいます。アーナン(の形)は、喜友名先輩を参考にしている」と話した。

 男子個人形の喜友名諒(28=劉衛流龍鳳会)の「爆発的な力、インパクトは勉強になる」と説明し、3連覇への秘策とする。また、初めての海外旅行として母親を招待したという女子組手68キロ超級の植草歩(26=JAL)は「両親が応援に来てくれるのはパワーになります」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年11月2日のニュース