体協 約72億円の予算承認、川口氏が事務局管理監に

[ 2013年3月13日 19:33 ]

 日本体協は13日の理事会で、約72億8620万円の2013年度予算を承認した。12年度から約3億7360万円増えた。20年夏季五輪の東京招致に関連し、企業からの寄付金が増えたことが主な理由という。

 総合型地域スポーツクラブの育成事業は、クラブ設立のピークが過ぎて申請数が減ったため、約2億5260万円減の約25億9420万円となった。

 また4月1日付で川口三三夫事務局長(59)を新設の事務局管理監、川島雄二事務局長代理(58)を事務局長とする人事を承認した。事務局管理監は事務局長を補佐する立場となり、効率的な運営を図るのが狙い。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月13日のニュース