4ゲーム連取で逆転!クルム伊達組 積極攻撃で流れ呼んだ

[ 2013年3月13日 11:21 ]

BNPパリバ・オープン

(3月12日 米カリフォルニア州インディアンウェルズ)
 クルム伊達組はストレートでロシアのペアを退けた。

 第2セットの第6ゲーム。0―40からジュースに持ち込んだものの落とし、2―4とされた。ここで「競った中で取りきれなかった。勝負どころでは思い切ったこともしなければいけないと感じた」と気合を入れ直し、積極的な攻めで流れを取り戻すと、第7ゲームから4ゲームを連取した。

 デラクアとはペアを組んで最初の大会だった2月のパタヤ・オープンで優勝、今回も4強入りした。「勝つ時というのは、いろんな巡り合わせも必要。本当にいい形でケーシー(デラクア)とできている結果」と話した。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月13日のニュース