遠藤が連勝スタート 昨年アマ横綱本領、土俵降りる場所覚えた

[ 2013年3月13日 06:00 ]

大相撲春場所3日目

(3月12日 ボディメーカーコロシアム)
 昨年のアマ横綱で幕下10枚目格付け出しの遠藤が連勝スタートを切った。

 「中学、高校、大学の時も負けたことがない」という近大出身で1学年上の浜口(木瀬)を一気の押し出しで下し「勝ちにつながっているのでいい方向にきている」と手応え十分だ。7戦全勝優勝なら1場所での十両昇進が確実。「初日は土俵から下りる場所を間違えたので、きょうはちゃんと考えて下りた」と心にも余裕が出てきているようだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月13日のニュース