羽生は「表彰台」と決意 世界フィギュアで初練習

[ 2013年3月13日 01:18 ]

 フィギュアスケートの世界選手権で13日(日本時間14日)の男子ショートプログラム(SP)に向け、羽生結弦(宮城・東北高)や高橋大輔(関大大学院)ら日本勢が11日、カナダのオンタリオ州ロンドンの本番会場で初練習に臨んだ。

 仙台市出身の羽生は11日で東日本大震災から2年となり「いい演技ができるのはいろんな方の支えがあるから。被災地の方も応援してくださっているし、表彰台に乗らないといけない」と決意を示した。高橋は北米のアイスホッケー仕様で国際規格よりも狭いリンクについて「思っているより壁が近いし、氷もよく滑る」と話し、フェンスに接触する場面もあった。

 14日からの女子は鈴木明子(邦和スポーツランド)と村上佳菜子(愛知・中京大中京高)が感触を確かめ、金ヨ児(韓国)が2連続3回転ジャンプを着氷する上々の仕上がりだった。

 浅田真央(中京大)はデトロイトに12日に到着し、陸路でロンドンに向かった。「ぎりぎりまで日本で練習して、ものすごくいい状態。最高のレベルでようやく試合で挑戦できるので、今シーズン一番の演技をしたい」と意気込みを語った。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月13日のニュース