日馬 千代大龍に敗れ2日連続の金星配給 白鵬は4連勝

[ 2013年3月13日 19:04 ]

千代大龍(右)が引き落としで日馬富士を破る

 大相撲春場所4日目は13日、ボディメーカーコロシアムで行われ、横綱日馬富士が平幕千代大龍に引き落とされ、2004年秋場所の朝青龍以来となる2日連続金星配給で2敗目を喫した。千代大龍は02年名古屋場所の霜鳥以来の横綱初挑戦金星の快挙。横綱白鵬は妙義龍を寄り切り、ただ一人4連勝とした。

 大関陣は琴奨菊が高安を下手投げで退けて星を五分に戻し、鶴竜は関脇把瑠都を寄り倒し、ともに3勝1敗とした。稀勢の里は小結栃煌山に突き落とされて2敗目。栃煌山は大関戦3連勝となった。琴欧洲は栃ノ心に寄り切られて1勝3敗。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月13日のニュース