昨年の経験から学んだ 真央、日本勢で最も遅い到着

[ 2013年3月13日 11:52 ]

世界フィギュアの会場に到着した浅田真央
Photo By スポニチ

フィギュアスケート世界選手権

(カナダ・オンタリオ州ロンドン)
 浅田は日本勢で最も遅く、開幕前日に到着した。2年連続の6位に終わった昨年は早めに開催地に入ったが「一度調子を落として立て直せなかった」そうで、その反省を踏まえた判断という。

 飛行機で約12時間、さらに陸路で約3時間の長旅だった。初練習ではトリプルアクセルに切れがなかったが「ゆっくり寝たら、いつもの練習になる」と気にする様子はなかった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月13日のニュース