稀勢の里 同じ相手に連敗…自分の形作れず、問いかけにも無言

[ 2013年3月13日 19:34 ]

栃煌山が突き落としで稀勢の里を破る

大相撲春場所4日目

(3月13日 ボディメーカーコロシアム)
 稀勢の里は大関連破で勢いに乗る栃煌山に、2場所連続で白星を献上。低く鋭く当たってきた相手の寄りは残したが、自分の形に持っていけず、最後は突き落としに屈した。

 悔しさを押し殺して支度部屋に戻ってきた大関は、報道陣の問いかけにも無言で一点を見つめ、終始表情は険しかった。

 栃ノ心になすすべなく敗れ、先場所に続いて序盤で3連敗を喫した琴欧洲も口を閉ざした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月13日のニュース