クルム伊達組が4強入り 錦織は3回戦敗退

[ 2013年3月13日 10:31 ]

 テニスのBNPパリバ・オープンは12日、米カリフォルニア州インディアンウェルズで行われ、女子ダブルス準々決勝でクルム伊達公子(エステティックTBC)ケーシー・デラクア(オーストラリア)組は、ベラ・ドゥシェビナ、アレクサンドラ・パノワ組(ロシア)を6―2、6―4で下して準決勝に進んだ。

 男子シングルスの錦織圭(日清食品)は3回戦でカルロス・ベルロク(アルゼンチン)に2―6、2―6で敗れた。

 ▼錦織圭の話 相手のサーブが良かった。1試合目(10日の2回戦)みたいにブレークできなかったので、そこがきつかった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月13日のニュース