JOC 競技団体の不正受給防止へ補助金ガイドライン策定

[ 2013年3月13日 18:51 ]

 日本オリンピック委員会(JOC)は13日のコンプライアンス(法令順守)専門部会で、競技団体による補助金の不正受給防止のためのガイドラインを策定した。19日の理事会に諮る。

 平真事務局長は「各競技団体に補助金の管理責任者をきちんと置き、責任を明確にしてもらうことなどを盛り込んでいる」と説明した。

 不定期開催だったコンプライアンス専門部会を月1回の定期開催にすることも決めた。JOCが設置する選手の相談窓口を同部会が担当し、通報などがあった場合に迅速に対応するためという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月13日のニュース