井上代表監督「襟を正さなければ」柔道男子の強化合宿公開

[ 2013年3月13日 18:29 ]

柔道日本男子の強化合宿で、記者の質問に答える井上康生監督

 柔道日本男子は13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を報道陣に公開し、井上康生監督は女子の暴力指導問題が注目されている状況に「起こったことを真しに受け止め、われわれ指導者が襟を正さなければいけない」と述べた。

 問題の発覚後では初めての合宿公開。揺れる柔道界を意識して「全日本は柱。ここが一つにまとまって闘えば大きな力を生む」と一体感の大切さを強調し、選手との向き合い方について問われると「自分の信念、情熱をもって向き合うしかない」と答えた。

 新ルールが試験導入された2月の欧州遠征を終え「十分闘えると感じた。修正していけばもっと勝てる」と手応えを口にし、今夏の世界選手権に向けて「金メダル2、3個を目標にしていく」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月13日のニュース