田辺代行と2コーチ戒告処分撤回へ 事情聴取なく不公平だった

[ 2013年3月13日 06:00 ]

パワハラ告発問題 第三者委員会「5項目の提言」

(3月12日)
 田辺勝監督代行と貝山仁美、薪谷翠の両コーチへの戒告処分は撤回される見通しとなった。

 第三者委員会は全柔連が事情聴取も行わずに女子コーチに処分を下したことに「不公平であり問題がある」と問題視。上村会長はこの2人に加えて田辺氏の処分も取り消す方針を示した。

 順調に進めば18日の理事会で次期強化体制を整え25日から始まる強化合宿に向けて動き出すことになる。2月の欧州遠征で足取り禁止の新ルールも経験している田辺氏が正監督となって引き続き指揮を執っていくことになりそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月13日のニュース