G大阪、井手口ベンチ外も今季初3連勝で締めた! 宮本監督「チームには点取れる自信がある」

[ 2019年12月8日 05:30 ]

明治安田生命J1リーグ最終節   G大阪3-2浦和 ( 2019年12月7日    埼玉 )

前半、先制ゴールを決め喜ぶG大阪・宇佐美(中央)
Photo By スポニチ

 G大阪は今季初の3連勝で締めくくり7位で終えた。敵地で序盤から積極的に攻勢に出て3ゴール。宮本監督は「今のチームには点を取れる自信がある。その表れ」と手応えを口にした。

 日本代表MF井手口が発熱で急きょメンバーから外れた。同監督は「そこまでの高熱ではなかった」と話したものの、この日はホテルで静養。帰阪後、病院で検査を受ける予定。井手口はE―1選手権に臨む日本代表に選出されたが、まん延しているインフルエンザと診断されれば、森保ジャパンにとっても大きなダメージだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年12月8日のニュース