松本・阪野、後半45分意地同点弾 反町監督は去就明言せず

[ 2019年12月8日 05:30 ]

明治安田生命J1リーグ最終節   松本1-1湘南 ( 2019年12月7日    サンアル )

試合終了間際、同点ゴールを決め喜ぶ松本・阪野(中央)
Photo By 共同

 松本は後半45分にFW阪野が意地の同点弾を挙げた。勝てば残留だった湘南が1点を先制し、守備を固めて時間稼ぎをする中、DF飯田が頭で落としたボールに反応した。「時間もなかったのでボールが来たらシュートを打とうと思っていた」と振り返った。

 来季J2への降格が決まっているが、今季がチームを率いて8季目だった反町監督は去就に関する質問に「今の段階では何も言えない」と明言を避けた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年12月8日のニュース