FC東京、完敗…奇跡起こせず 大量得点狙うも長谷川監督「1点が遠かった」

[ 2019年12月8日 05:30 ]

明治安田生命J1リーグ最終節   FC東京0-3横浜 ( 2019年12月7日    日産ス )

後半、厳しい表情のFC東京・長谷川監督
Photo By スポニチ

 奇跡は起こらなかった。FC東京の逆転優勝には4点差での勝利が必要だったが、得点を奪えずに完敗。試合後、長谷川監督は「まずは1点と臨ませたが、その1点が遠かった」と肩を落とした。

 3―1で勝利した10月19日の神戸戦以来の4―2―3―1で臨み大量得点を狙った。だが、攻撃がかみ合わない。前半26分に先制を許すと、44分には2失点目。後半の残り45分だけで6点を取らなければならない状況に追い込まれた。

 「万年中位」と冷やかされてきたチームが本気で頂点を目指した一年が終わった。指揮官は気落ちする選手たちに「足りなかったものを来年獲りにいこう」と声を掛けたという。主将のMF東は「この悔しさをかみしめ、成長したい」と必死に前を向いた。
と必死に前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年12月8日のニュース