徳島 河田弾で参入PO決定戦進出! J1昇格へあと1勝

[ 2019年12月8日 15:09 ]

J1参入プレーオフ   徳島1―0山形 ( 2019年12月8日    鳴門大塚 )

決定戦進出を決め、サポーターの歓声に応える徳島イレブン
Photo By 共同

 J1参入プレーオフ(PO)は8日、鳴門大塚で2回戦が行われ、徳島(J2・4位)が山形(J2・6位)を1―0で下して勝利。ホームで白星を飾り、参入PO決定戦へ進出した。

 引き分けでも上位クラブとして大会規定により決定戦へ進出できる徳島は前半を0―0で終了。迎えた後半8分、DF田向泰輝(27)から送られたパスをFW野村直輝(28)が前線へ向けてスルーパス。このボールにFW河田篤秀(27)が反応して抜け出し、ペナルティーエリアへ進入してそのままループシュートでネットを揺らして先制した。

 その後も1点のリードを守り抜き、勝利を収めた徳島。J1昇格へ向けてあと1勝に迫った。2014年以来のJ1の舞台を目指して14日にBMWスタジアム平塚でJ1参入PO決定戦として湘南(J1・16位)と対戦する。

 一方、参入PO1回戦で大宮(J2・3位)をアウェーで下し“下克上”で乗り込んできた山形だったが、ゴールを割ることはできずに敗戦となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月8日のニュース