52歳の中山雅史&45歳の伊東輝悦 来季も沼津で現役続行が濃厚

[ 2019年12月8日 17:43 ]

中山雅史(左)と伊東輝悦
Photo By スポニチ

 「ゴン」こと沼津FW中山雅史(52)、「テル」こと同MF伊東輝悦(45)が、来季も同クラブで現役を続行することが濃厚なことが8日、わかった。

 沼津はこの日、ホーム愛鷹でのリーグ最終戦で富山に0―3で敗れ、12位でシーズンを終了した。

 JFL時代からチームを率いた吉田謙監督(49)は、成績不振の責任を取り退任。来季指揮官が変更することで、元日本代表コンビ「ゴン」「テル」の去就にも注目が集まるが、クラブ関係者は「チームに在籍することは大きな価値がある。こちらから2人に関し何も言うことはない」と、2人に現役続行の判断を任せる形とった。

 ゴンは今季の出場はなし。テルは1試合出場に止まったが、存在自体が「レジェンド」とあり、最終戦のこの日、試合前の練習でピッチに立った2人に対し、集まった3839人の観衆からは、大歓声が送られていた。

 育成をテーマに掲げるクラブにとって、若者の手本になる2人の存在感は抜群。関係者によると2人は現役続行志向は強く、沼津で迎える来季のJ28年目には何の障害もなさそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月8日のニュース