“偉業”も視野に…浦和 新潟・レオナルド獲得へ 2年連続得点王

[ 2019年12月8日 05:30 ]

 浦和が来季新戦力として今季、J2得点王に輝いた新潟のFWレオナルド(22)を獲得することが7日、濃厚となった。複数の関係者が明らかにした。

 レオナルドはブラジルの名門サントスの下部組織出身。18年に浦和OBの岡野雅行氏がGMを務めるJ3鳥取で日本デビューを果たすと31戦24得点。今季はJ2新潟で37戦28得点とすさまじい決定力を見せ、2年連続でタイトルを獲得した。

 今季の浦和は総得点34点でリーグ15位。12得点のエースFW興梠を除けば、MF長沢の3得点が最多と決定力不足は顕著だった。レオナルドはまだ22歳。フィジカルが強く、ペナルティーエリア内で力を発揮するタイプだ。来季はJ1に舞台を移し、3年連続で異なるカテゴリーでの得点王という“偉業”も視野に入る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月8日のニュース