川崎F、2発で逃げ切り ACL出場望み 鬼木監督「いい形で得点取れた」

[ 2019年12月8日 05:30 ]

明治安田生命J1リーグ最終節   川崎F2-1札幌 ( 2019年12月7日    札幌ド )

前半、ゴールを決めた川崎Fの脇坂(右)は小林とハイタッチをかわす
Photo By スポニチ

 リーグ3連覇は逃したが、最終戦を勝利で飾り4位でシーズンを終えた。「立ち上がりに凄くいい形で得点が取れた」と鬼木監督が振り返った序盤の2ゴールで逃げ切った。

 ACL出場権は、鹿島が天皇杯で優勝すれば回ってくる。先制点をアシストし、自ら鮮やかなFKも決めたMF脇坂は「僕たちのできることはやった」と淡々と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年12月8日のニュース