東京V・ロティーナ監督、PO初進出に笑顔「開幕前はほとんどの人が予想していなかった」

[ 2017年11月19日 20:30 ]

明治安田生命J2最終節   東京V2―1徳島 ( 2017年11月19日    味スタ )

<東京V・徳島>後半、勝ち越しゴールを決め喜ぶ東京V・内田
Photo By スポニチ

 前節6位の東京Vが同5位・徳島との直接対決を2―1で制し、勝ち点70で5位に浮上。2012年の制度導入以来、クラブ初となるJ1昇格プレーオフ(PO)出場を決めた。

 引き分けていれば徳島とともにPO進出だったが、1―1で迎えた後半43分にセットプレーから勝ち越し。梶川の左CKを畠中が頭で合わせたボールは左ポストを叩いたが、こぼれ球を内田が押し込んだ。この決勝点が徳島をPO圏外に突き落とし、千葉の大逆転PO進出を演出した。

 試合開始直後は徳島の猛攻に防戦一方。35歳のベテランGK柴崎のビッグセーブ連発もあり、徐々にペースをつかんだ。

 今季就任したスペイン人のロティーナ監督は「徳島がいいスタートを切ったが、少しずつプランがうまくいった。開幕前はほとんどの人が東京Vがプレーオフに出るとは予想していなかった」と笑顔。「押し込まれても焦りはなかった。他会場の情報を入れていて、引き分けでも行ける可能性があった」と冷静に采配を振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年11月19日のニュース