浦和 アルヒラルに敵地でドロー R・シルバが貴重アウェー弾

[ 2017年11月19日 06:00 ]

ACL決勝第1戦   浦和1―1アルヒラル ( 2017年11月18日    リヤド )

<アルヒラル・浦和>浦和・ラファエルシルバが先制ゴールを挙げる
Photo By スポニチ

 サッカーのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝で浦和はアウェーでサウジアラビアのアルヒラルに対し1―1で引き分けた。

 浦和は前半7分にMFラファエル・シルバのゴールで先制。しかしアルヒラルは怒とうの攻撃で37分にFWハルビンに同点ゴールを決められた。

 後半に入っても浦和がアルヒラルの攻撃を必死に食い止める展開は続いたが、無失点でしのぎ切り、1―1のドローで終了。浦和は貴重なアウェーゴールを得て、25日にホーム・埼玉スタジアムでの第2戦に臨む。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年11月19日のニュース