シュツット浅野緊急出場、無得点に複雑「勝ってうれしいが…」

[ 2017年11月19日 05:30 ]

ブンデスリーガ第12節   シュツットガルト2―1ドルトムント ( 2017年11月17日 )

ドルトムント戦の後半、競り合うシュツットガルトの浅野(左)
Photo By 共同

 リーグ4試合ぶりに先発落ちしたシュツットガルトの日本代表FW浅野は、FWギンチェクの負傷を受けて前半ロスタイムから緊急出場した。1トップの位置でプレー。後半19分にはスルーパスに抜け出して1対1の決定機を迎えかけたが、懸命に戻ってきた相手DFにシュートをブロックされた。シュート1本に終わり、無得点。

 「勝ったことは素直にうれしいが、それ以上に自分の結果が一番自分の気持ちを左右する。点を決められずに終わった試合で、心から喜べたことはない」と複雑な表情だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年11月19日のニュース