仙台DF増嶋 夫人の前で“3年ぶり弾”「早く取りたかった」

[ 2017年11月19日 05:30 ]

明治安田生命J1第32節   仙台3―0大宮 ( 2017年11月18日    ユアスタ )

前半26分先制ゴールを決めて喜ぶ増嶋(中央)
Photo By スポニチ

 仙台DF増嶋の“3年ぶり弾”が5試合ぶりの白星を導いた。前半26分、左クロスを頭でそらしたボールがゴール右に吸い込まれるラッキーな先制弾。

 夫人で元バドミントン日本代表の潮田玲子ら家族も観戦する前で、柏時代の14年8月の横浜戦以来となるリーグ戦ゴールを挙げ「ケガも移籍もあった。もっと早く取りたかった」と少しだけ感傷に浸った。チームは11位に浮上した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年11月19日のニュース