皇后杯準決勝カード決定 日テレVS浦和 千葉VSノジマ

[ 2017年11月19日 17:20 ]

 第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会は19日、各地で準々決勝の残り2試合が行われ、今季なでしこリーグ1部に昇格したノジマステラ神奈川相模原が早稲田大との点の取り合いを4―3で制して初の準決勝進出を決めた。

 なでしこリーグ1部同士の対決となったもう1試合は、マイナビ仙台と浦和が激突。延長戦突入後も0―0のまま決着つかずに入ったPK戦を浦和が5―3で制して4強入りを決めた。

 準々決勝の結果により、12月21日に行われる準決勝のカードは日テレ―浦和、千葉―ノジマステラ神奈川相模原に決定。準決勝と12月24日に行われる決勝戦はすべて大阪・ヤンマースタジアム長居で開催される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年11月19日のニュース