清水 残留へ痛い敗戦…リーグ5戦連続無得点に指揮官切り替え

[ 2017年11月19日 05:30 ]

明治安田生命J1第32節   清水0―2札幌 ( 2017年11月18日    アイスタ )

 清水は残留争いで痛い1敗を喫した。小林監督は「立ち上がりのハイプレッシャーをまともに受けてしまった」と嘆く。中盤でボールを失って流れを悪くすると、前半11分、39分と失点。後半は好機をつくったが決めきれずリーグ戦で5試合連続無得点となった。

 順位は14位のままで、16位の甲府との勝ち点差は3。26日の新潟戦に向けて「もう一度準備したい」と切り替えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年11月19日のニュース