横浜 今季最悪4失点黒星、関塚氏と接触 後任監督選び大詰め

[ 2017年11月19日 05:30 ]

明治安田生命J1第32節   横浜1―4C大阪 ( 2017年11月18日    日産 )

C大阪に敗れ、硬い表情で一礼する中沢(左端)ら横浜Mイレブン
Photo By 共同

 ホーム最終戦で横浜は、今季最多の4失点を喫した。ホームでの黒星は4月30日のG大阪戦以来今季2度目。先制しながらもACL出場権を争うライバルに敗れ、今季限りで退任するモンバエルツ監督は「シーズンを通して良い戦い方ができていたが、今日で台無しになった」と悔しさいっぱいだった。

 また、古川社長は後任監督について「状況は7、8割くらい」と選定が大詰めに入っていることを示唆。Jリーグ関係者によると、12年ロンドン五輪日本代表監督の関塚隆氏と強化部がすでに接触したという。他にも前浦和監督のペトロヴィッチ氏らが候補に挙がっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2017年11月19日のニュース