徳島まさかのPO圏外 5位から一瞬で7位転落「サッカーは残酷なスポーツ」

[ 2017年11月19日 20:48 ]

明治安田生命J2最終節   徳島1―2東京V ( 2017年11月19日    味スタ )

<東京V・徳島>プレーオフ圏内に入れずガックリする徳島イレブンを慰めるロドリゲス監督
Photo By スポニチ

 前節5位の徳島が同6位の東京Vに1―2で敗れ、最終節でまさかの7位転落。4位で出場したJ1昇格プレーオフ(PO)を制して初昇格を決めた2013年以来4年ぶり2度目となるPO出場を逃した。

 0―1で迎えた後半4分、馬渡の右クロスを渡が右足で決めて同点。そのまま終われば5位キープでPO出場が決まるところだったが、1―1で迎えた後半43分に痛恨の失点。横浜FCに2―1で逆転勝ちを収めて勝ち点68とし、前節の8位から6位に滑り込んだ千葉に勝ち点1差で涙を飲んだ。

 東京V・ロティーナ監督とのスペイン人指揮官対決に敗れたロドリゲス監督は「2点目を取るチャンスもあったが、決められなかった。サッカーは残酷なスポーツ」と悔しがることしきり。それでも「+26点」の得失点差はJ2の22チームで最多。「こういう結果を受け入れて次へ進みたい」と懸命に前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年11月19日のニュース