西野技術委員長ら視察 代表候補「50人ほどに絞られている」

[ 2017年11月19日 05:30 ]

 日本協会の西野技術委員長が、日本代表の手倉森コーチとともに川崎F―G大阪戦を視察。

 海外組を含め現在の代表候補が「50人ほど」に絞られていることを明かした上で、国内組にとって最後のアピールの場となる来月のE―1選手権へ「監督が今まで見てきた中で、ある程度は限定で見ている」と話した。川崎Fは欧州遠征に参加した車屋ほか小林、大島、谷口らも選出される可能性がある。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年11月19日のニュース