広島 残留へ希望の光!後半投入パトリック弾で5戦ぶり勝利

[ 2017年11月19日 05:30 ]

明治安田生命J1第32節   広島2―1神戸 ( 2017年11月18日    神戸ユ )

後半、ヘディングで決勝ゴールを決める広島・パトリック
Photo By 共同

 広島はJ1残留へ希望の光が差し込んだ。5試合ぶりの白星を敵地でつかみ、降格圏から再び脱出。主将の青山は「どんな形であろうと勝ち点3が必要だった」と表情を緩めた。前半17分にゴール前に飛び込んだ稲垣の移籍後初得点で先制。

 同点の後半32分には投入されたばかりのパトリックが右クロスを遠いサイドから頭で叩き、ファーストタッチで決勝ゴール。背番号39は「今日のような気持ちでプレーすれば、必ず残留できる」と頼もしかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年11月19日のニュース