川崎F 開始1分いきなり先制も…首位遠のく痛恨勝ち点1

[ 2014年8月31日 05:30 ]

<名古屋・川崎>前半、先制ゴールを決め喜ぶ川崎・谷口(右)

J1第22節 川崎F1―1名古屋

(8月30日 瑞穂陸)
 川崎FはJ1通算300試合出場の中村を起点にしたパス回しで攻勢をかけたが、ゴールは開始1分のセットプレーによるものだけ。引き分けで首位・浦和と勝ち点差は4に広がり、風間監督は「残念。もったいないなという感じ」とこぼした。後半は4バックに変えたものの得点には結び付かず、中村は「決めるところをしっかり決めないと」と無念そうに話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年8月31日のニュース