長谷部、移籍後初の古巣ピッチも「全く満足できない」

[ 2014年8月31日 17:06 ]

ブンデスリーガ第2節 フランクフルト2―2ボルフスブルク

(8月30日)
 フランクフルトの長谷部はボルフスブルク退団後、初めて古巣のピッチで試合を行い「個人的にはもっといいプレーがしたかった。出来については全く満足できない」と悔しがった。ミスで球を失う場面もあり「もう少しボールをつなぎ、自分がゲームをつくる形にしていかないと」と反省を並べた。

 9月にはアギーレ監督が就任した日本代表戦を控える。長谷部は「新しいスタート、新しい気持ちでまた一から。アピールしなきゃいけない」と気を引き締めた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年8月31日のニュース