坂井 代表選出後初試合はホロ苦 2失点嘆く「マイナス」

[ 2014年8月31日 05:30 ]

<鳥栖・清水>後半、競り合う清水のノバコビッチ(手前)と鳥栖・坂井

J1第22節 鳥栖2―2清水

(8月30日 ベアスタ)
 シンデレラボーイの鳥栖DF坂井にはホロ苦い代表選出後の最初の試合となった。「1対1や高さでは負けなかったけど、失点してしまった」とチームの2失点を悔しがった。

 センターバックで左利きという希少価値を買われての選出。それに応えようと「前線へのパスを意識した。長いボールや裏を狙った」と開始早々の前半3分に左サイドから右サイドハーフの水沼に左足でパス。相手守備陣には厄介な対角線のパスで先制機を狙うなど、左利きの利点をアピールしてみせた。

 チームは水沼のゴールで先制しながら逆転されて、日本代表GK林も攻撃参加した終了間際に早坂のゴールで何とか引き分けに持ち込んだ。門出を白星で飾れなかった坂井は「2失点はマイナス」と自らを責めたが、吉田恵監督は「代表としての自覚がプレーに出ていた」と精神面での成長を認めていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年8月31日のニュース