アギーレ監督 リストに70~80人…代表候補まだ発掘途中

[ 2014年8月31日 06:00 ]

<柏・甲府>日立柏サッカー場を訪れたアギーレ日本代表監督

 アギーレ監督が日本代表候補としてリストアップしている選手が70~80人に上ることが判明した。日本協会関係者が「監督が持っているリストには70、80人の名前がある」と明かした。

 11日の来日から28日の日本代表発表までにJリーグ2試合、天皇杯1試合を直接視察。各スタジアムにスタッフも配置して情報収集を行った結果、メンバー23人の3倍以上の名前が挙がっていた。

 アギーレ監督は30日は日立柏サッカー場で行われた柏―甲府戦を視察した。9月の親善試合2試合に出場するメンバーのいないカードに足を運び「日本に来て視察した中で最もリズム感のある試合だった。将来のため、今後のためにメモを取りました」と説明。10、11月の親善試合や来年1月のアジア杯に向けた選手発掘を進めた。

 9月の親善試合メンバーには新顔5人をサプライズ選出。代表発表後の初試合となった今節はその初招集組から現役大学生の武藤、C契約の皆川(広島)、23歳の森岡(神戸)の3人がゴールを決め、指揮官の眼力の確かさを証明した。「過去は関係ない。ゼロからのスタート」と語っており、今後も“アギーレリスト”は拡大しそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年8月31日のニュース