大迫 独1部初ゴール!こぼれ球左足で…代表先発争い名乗り

[ 2014年8月31日 05:30 ]

シュツットガルト戦の前半、先制ゴールを決めるケルンの大迫

ブンデスリーガ第2節 ケルン2―0シュツットガルト

(8月30日)
 アギーレジャパン入りしたケルンのFW大迫がドイツ1部で初ゴールを決めた。30日、DF酒井高との日本代表対決となったアウェーのシュツットガルト戦に先発し、前半22分に移籍1号となる先制ゴール。味方の右クロスから相手GKがはじいたこぼれ球に反応し、左ポスト付近に走り込んで左足で押し込んだ。

 後半40分までプレーし、チームの1部復帰初勝利に貢献。岡崎(マインツ)、柿谷(バーゼル)、皆川(広島)らがライバルとなる日本代表での先発争いに向けてアピールした。

 W杯ブラジル大会は2試合に先発したが、無得点。「自分が成長できると確信している」と昨季15試合6得点を挙げた2部1860ミュンヘンから1部ケルンへの移籍を決断した。新天地ではトップ下でプレーする中でもゴールへの鋭い嗅覚を発揮してみせた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年8月31日のニュース