扇原 逆転負けにガクッ 後半押し込まれ、フォルランも不発

[ 2014年8月31日 05:30 ]

<C大阪・神戸>前半、神戸・森岡(左)からボール奪取を試みるC大阪・扇原
Photo By スポニチ

J1第22節 C大阪1―2神戸

(8月30日 ヤンマー)
 代表入りしたC大阪のMF扇原は逆転負けにうなだれた。3ボランチの中央で先発。前半は主導権を握りプレスも効果的だったが、後半は押し込まれる展開が続き我慢しきれなかった。

 「守りっ放しじゃきついし、リードしているときの戦い方を落ち着いてやらないといけない」。先制点を奪ったU―19日本代表FW南野も、後半の2度の決定機にシュートミス。元ウルグアイ代表FWフォルランも絶好機を逃すなど、チームとしてのツメの甘さも見られた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年8月31日のニュース