最年少選出・松原はクロス精度に課題 チームは0-5大敗

[ 2014年8月31日 05:30 ]

<G大阪・新潟>日本代表選出後、初の試合で5失点で大敗し、肩を落とす松原

J1第22節 新潟0―5G大阪

(8月30日 万博)
 アギーレジャパンに21歳の最年少でサプライズ選出された新潟のDF松原は先発出場。右サイドから持ち味の走力を生かして何度もアップダウンを繰り返して積極的に攻撃参加した。だが、効果的なクロスを上げられず0―5と大敗した。

 代表選出後の試合とあって「多少意識はしたが普段通りのプレーを心がけた」と特別な緊張感もなくプレー。「ピッチがスリッピーだから低いボールを狙っていたが相手のDFがグラウンダーのボールを処理していたので上を狙っていった」と振り返ったが「シーズン当初からの課題を日頃からもっとやっていかないと」とクロスの精度に課題を残したままだ。
 
 1日から代表合宿が始まるが「最年少とか意識せずに持ち味を精いっぱい出したい。気負わずにプレーするだけ」と大敗にも気持ちを切り替えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年8月31日のニュース