清水 3戦ぶり白星逃すも…若手躍動に指揮官前向く「収穫」

[ 2014年8月31日 05:30 ]

<鳥栖・清水>前半、ボールをトラップする清水・三浦弦(中)

J1第22節 清水2―2鳥栖

(8月30日 ベアスタ)
 清水は鳥栖に2―2で引き分け3戦ぶりの白星を逃した。

 今季初めて3バックで臨み、前半は集中した守備で無失点。後半11分に失点したが、大前の公式戦4試合連続ゴールなどで一時は勝ち越した。ドローに終わったものの、3バックの左でプロ初先発したDF三浦弦、後半25分から出場した2種登録のDF水谷ら若手が躍動。大榎監督は「三浦や水谷、金子がある程度の結果を収めたことは収穫」と前向きに話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年8月31日のニュース